双極性障害のお薬

治療に用いられる薬は主に2種類

薬・カプセル
双極性障害の治療に主に使用されるお薬は「気分安定薬」と「非定型抗精神病薬」の2種類です。

「気分安定薬」は気分の波を抑え、感情の高まりや突発的な行動を抑える作用のあるお薬で双極性障害の薬物療法の中心となっています。日本では主にリチウムを筆頭にバルブロ、カルバマゼピン、ラモトリギンがあります。中には躁状態、うつ病の他にてんかんや統合失調症の治療に使用されているお薬もあります。

広く使用されているリチウムは以前から躁状態やうつ状態を改善し、予防効果もある有効なお薬です。しかし、効果が強い半面、副作用も強く、服用の際も血中濃度を図る義務もあります(つまり血液検査が必要)。
他のお薬であれば一度の服用が二倍などになっても、それほど問題はありませんが、このリチウムは少し量が増えるだけで危険な症状が出るという扱いの難しさもあるため、服用の際には細心の注意が必要です。

「否定型抗精神病薬」は双極性障害以外にも統合失調症の改善にも効果を発揮します。上記の気分安定薬と併用されることが多く、国内ではアリピプラゾールとオランザピンが処方されることが多いです。

アリピプラゾールは他の抗精神病薬とは異なった作用を持っており、ドーパミン(多幸感や意欲に関する脳内ホルモン)をブロックするのではなく、ドーパミンの量を調整することで作用するため、他の抗精神病薬で効果が現われなかった際に使用されることもあります。
その上、緩やかに作用するため副作用も少ないこともメリットです。

アリピプラゾールはエビリファイという名前で販売されており、同成分でありながら安価で購入できるジェネリック医薬品も個人輸入代行サイトを通じて購入することができます。

双極性障害の治療薬を探す

症状によって抗うつ剤の処方も

うつ病って何?
抗うつ剤を双極性障害の患者に使用した場合は躁状態へと促す場合があるため、基本的には使われることはありません。しかし、重度のうつ症状がある場合に限り、気分安定剤と併用するこがあります。
双極性障害は不眠の症状が現れることも多いため、寝付きが悪い、朝早く起きてしまう、など症状に合わせたお薬を併用することもあります。睡眠薬自体に依存性はありませんが、睡眠薬の服用を中止すると眠れなくなることがあるため注意が必要です。

双極性障害にもうつ病にも言えることですが、症状が一時的に治まっても自分の判断でお薬の服用を中止するのは再発の事例なども多数あるため危険です。