双極性障害(躁うつ病)を知る

2つの症状を繰り返す

躁状態双極性障害とは過去に躁うつ病と呼ばれていました。今は双極性障害と呼ばれている理由はうつ状態に加え、対極といえる躁状態も交互に現れることからそう呼ばれるようになりました。

稀に躁状態のみ現れる方もいますが、大半が同時にうつ状態も現れます。そのため、片方の躁状態のみであってもまとめて双極性障害と呼ばれています。

症状の重たさによって「軽躁状態」と「躁状態」に分けられており、後者の「躁状態」は入院が必要な程、激しい状態のことを指します。早急に適切な治療を行わないと、家庭や職場で取り返しの使いないことをしてしまう可能性もあります。

対して「軽躁状態」は気分の高揚や睡眠障害はあるものの、自分自身や職場などで周囲に迷惑を掛けていない状態のことを呼びます。うつ状態に加え強い躁状態が起こる症状を「双極I型障害」と呼び、軽い躁状態が起こる症状を「双極Ⅱ型障害」と呼びます。

現在ではお薬による治療も有効ですので、しっかりと治療を行っていれば日常生活を問題なく送ることも可能です。しかし、適切な治療を行わないままにしておくと、うつ状態と躁状態を何度も繰り返すうちに職場や家庭はおろか、生命の危険に関わる場合もあるため、注意が必要です。

日本と欧米の割合の違い

欧米ではうつ病の割合は全体の約15%とされ、その中でも双極性障害(Ⅰ型Ⅱ型含む)の割合は15%の中の2~3%と言われています。

対して日本のうつ病の割合は全体の約7%とされ、その中でも双極性障害(Ⅰ型Ⅱ型含む)の割合は7%の中の0.7%と言われています。

日本の方が患者の割合は少なく見えますが、何故このような結果になっているのか、まだ結論は出ていません。2008年のうつ病患者数104万人から単純に計算しただけでも7万人以上の双極性障害の患者がいる、ということになります。うつ病同様に双極性障害の患者数も増加傾向にあると考えられます。

双極性障害の発生のメカニズム

どうやったら発生するの?明確な原因は残念ながらまだ解明されていません。しかし、最初はうつ状態だけだったにも関わらず、突然躁状態を発症した、というケースが多々あるそうです。

これまでの研究から双極性障害の原因は、遺伝子、性格、体質、脳、環境、生育歴などではないかと言われています。
遺伝子に関しては同じ家系から発症する確率が高く、同じ遺伝子を持つ一卵性の双子の場合は2人とも発症する確率が50%以上あると言われているため、発症に何かしらの関係があるのでは、と考えられています。

性格に関してはうつ病は「真面目」「完璧・潔癖主義」といった性格の方が多い傾向があり、双極性障害に関してはユーモアがあり、社交性が高く気配り上手な人がかかりやすいと言われています。

このように因果性はハッキリしていないものの、関連性があると考えられる要素はあります。

危険な双極性障害の症状

最初にも触れたように躁状態とうつ状態を繰り返す「双極I型障害」と軽い躁状態とうつ状態を繰り返す「双極Ⅱ型障害」があります。

どちらも、いわゆるハイな状態と気持ちが沈むダウンな気持ちを交互に繰り返します。Ⅰ型の場合はハイな状態の時に自覚はなく、この状態の時にとった行動がもとで家庭、職場、友人関係などを壊してしまう可能性があり、その後に現れるうつ状態の際に躁状態時の行動を振り返り大きく落ち込んでしまいます。

Ⅱ型の場合はハイな状態であっても、周りも自分も「すごく調子がいい!」と思ってしまい症状に気が付かないことが多いです。高揚した気分が4日以上続いているようであれば、ひとつの危険信号となるので注意した方が良いでしょう。一見すると、デメリットが無いように見えますが、実際にはアルコール依存症、不安障害、摂食障害などが現れやすくなるため、楽観視できるものではありません。

双極性障害にはお薬が有効

薬をスマホで注文お薬による薬物療法と精神療法により、双極性障害は改善することのできる病気です。正しく自分の病気を把握した上で適切な治療を受けることが非常に大切です。

気分安定剤と呼ばれるお薬を中心に、否定型抗精神病薬、抗うつ剤、睡眠薬を併用して治療します。抗うつ剤に関しては躁状態を悪化させる怖れがあるため、あまり使用されることはありません。しかし、重度のうつ状態がある場合に限り気分安定剤と一緒に処方される場合があります。

こういったお薬も今はインターネットで購入することも可能なので、必要なお薬が分かっているのであれば、簡単に安価で購入できるためおすすめです。

再発防止が最重要

双極性障害は再発率が90%以上ともいわれ、症状が一時的に治まっても油断は禁物です。治療の効果を自覚しやすい病気ということもあり、患者自身だけでなくご家族の方も「もう治ったから大丈夫」とお薬の服用や通院を停止する方がおられます。

再発を繰り返すと病状の間隔が短くなるため、以前の発症時よりもトラブルの数頻度が増える傾向があります。
服用や通院の停止のタイミングは必ず主治医と相談した上で決め、再発の兆候が現れた際はすぐに再開するように心がけましょう。

再発の兆候は周囲の方が気づくケースもあります。自身では気が付きにくい、急に高額な買い物が増える、おしゃべりになる、怒りっぽくなった、などの変化を教えてくれる周囲の声に耳を傾けることも再発防止のためには非常に大切です。

双極性障害の治療薬を探す