うつ病のお薬

治療に使用されているお薬は?

薬・カプセル
うつ病の治療に多く使われているお薬は抗うつ剤と呼ばれ、激しい落ち込みや抑うつ状態を緩和する効果があります。
うつ病はこれらのお薬の服用と十分な休養で改善するケースが増えつつあります。他には睡眠薬、気分安定剤などのお薬も患者さんの症状に合わせて処方されます。

精神やこころのお薬と言われると抵抗を感じる方もおられると思いますが、身体であれ、こころ(精神)であれ、悪い箇所を治すためには必要なものです。本人や周囲の方はそういった誤解をしないようにすることも大切です。

効果が出るまでには時間が必要

うつ病のお薬は飲み始めてからすぐに効果が実感できるものではありません。効果が出始めるまでに1週間~2週間は服用し続ける必要があります。時には先に副作用が現れる方もいらっしゃいます。
しかし、効果が感じられないから、という理由で服用を中止しないようにして下さい。

うつ病の治療期間は3~6ヶ月と言われています(症状により早くなることも遅くなることもありますが)しかし、症状が良くなった時からお薬の服用を中止することはほとんどありません。
症状がなくなった後に2~3週間(それ以上かかる場合もあります)をかけて、お薬を徐々に減らしていくことが一般的ですので、実際の治療期間よりも長くお薬を服用することが多くなります。
突然、服用を中止するとその反動で症状がもとに戻ってしまったと、いう事例もあることから減薬からお薬を無くすまでの期間は医師とよく相談する必要があります。

服用後は副作用が現れやすい

発症者の数
うつ病のお薬を飲むと多くの方に、喉の渇き、倦怠感、便秘、眠気、嘔吐感、頭痛などの症状が現われます。特に服用開始後の1週間以内に現れやすいと言われ、服用を続けることで副作用も軽くなると言われています。
ただし、副作用が強すぎて服用することが困難、又は長期にわたって副作用が現れている場合は医師へ相談した方がよいでしょう。
双極性障害の方が抗うつ剤を服用した場合は効果が下がる、躁状態になる可能性があります。特に躁状態になる「躁転」は精神的に非常に不安定になることも多いため、双極性障害の方は服用しないようにして下さい。
しかし、双極性障害はうつ病から始まることが多く、突如「躁転」することもあるため、うつ病と診断されていたとしても、服用後に性格(攻撃的、注意力が散漫)などに変化が見られた場合は注意が必要です。

依存性の有無

うつ病のお薬に依存性はありません。
アルコールやニコチンのように衝動的に欲しくなることもありませんし、服用量を増やさなければいけない、ということもありません。
症状が改善すれば徐々にお薬を減らし、服用をゼロにすることも可能です。

うつ病のお薬探すならコチラ