うつ病の治療方法

うつ病を改善する3つの治療法

うつ病って何?
うつ病は病気です。病気を治すための治療を行う必要があります。それが休養(環境)による治療、お薬による治療、医師による精神療法の3つがあります。
症状の重さや個人の性格などで差はありますが、一般的には休養(環境)による治療とお薬による治療で多くのうつ病は改善すると言われています。

十分な休養は治療の第一歩

うつ病の原因となるストレスは職場、学校、家庭などで溜まることが多いと言われています。そのため、原因となった場所から一時的に離れることでストレスを溜めないことが大切です。
しかし、治療のためといっても仕事をしている方であれば、職場によっては、突然のお休みをもらうことは難しいこともあるでしょう。
そういった場合であれば、残業を無くす、勤務時間を減らしてもらうなど上司や周囲の人に相談し少しずつ離れられる環境を作りましょう。家庭であれば家事を分担したり、一時的に負担してもらえるように家族に相談したりしてみましょう。

お薬による治療

薬・カプセル
休養に合わせて、お薬による治療も欠かせません。
日本では三環系抗うつ剤や四環系抗うつ剤が使用されてきましたが、現在ではSSRI、SNRI、NaSSAの3種類が新規抗うつ剤と言われ、広く使用されています。
新規抗うつ剤は三環系抗うつ剤や四環系抗うつ剤に比べ副作用が少ないと言われています。
どの種類の抗うつ剤にも言えることですが、服用し始めてすぐに効果が出るというものではなく、服用を続けることで徐々に改善効果が現れます。しかし、先に副作用が現れることで本当に服用を続けて良いのか、不安になられる方も多いです。
副作用は改善効果と反対に服用を続けることで緩和されることが大半です。抗うつ剤が身体に慣れるまでの間は上記のような状態になりやすい、と前もって知っておくことでノシーボ効果(プラシーボ効果とは逆の意味で副作用があると思い込むことで実際に起こってしまう現象)の予防にもなります。

医師による精神療法

うつ病の原因を把握し、対処法を立てた上で再発防止を含めた治療法です。
この精神療法には複数の手法があり「認知行動療法」と「対人関係療法」などがあります。

「認知行動療法」は本人の考え方そのものを改善することが目的です。ネガティブな考え方が繰り返されることでうつ病が発症し重症化するため、その悪循環を断ち切ることで病状悪化や再発を防ぎます。

「対人関係療法」はうつ病の原因となったと思われる、周りの環境の問題を解消しておくことで与えられるストレスそのものを減らすことが目的です。周りの環境が変わることで治療時や症状改善後の復帰がスムーズになり再発を防ぎます。

うつ病は治療をしっかりと行うことで症状が改善する病気です。再発の可能性も高い病気ですが継続的なお薬の服用と医師の指示に従い寛解を目指しましょう。

うつ病のお薬探すならコチラ