うつ病の主な症状

こころと身体に現れる症状

発症者の数うつ病が発症するとこころと身体に様々な症状が現われます。
一般的には、やる気が起こらなくなる、とにかく落ち込む、ネガティブになる、といったこころの症状が現れる、というイメージが強くあります。
しかし、実際にはうつ病という自覚がなく、身体の不調を訴えて内科などに行く方も多く、うつ病患者さんの約半数が先に内科を受診していた、という事例もあります。
うつ病の原因はストレスにより、神経伝達物質のバランスが崩れてしまうことで起こると言われています。そして、神経のバランスやホルモンのバランスが崩れることで体調や身体にも悪影響を与えている、と考えられています。
このようにうつ病はこころだけではなく、身体にも影響を与える病気です。

極度の緊張をすると、動悸が激しくなる、汗をかく、喉が渇く、お腹が痛くなる、などといった現象も精神状態が身体に影響を与えている一例とも言えます。

具体的な症状

いわゆる抑うつ状態と言われ、憂うつな気分が続く、趣味やスポーツに打ち込めなくなる、責任感や劣等感を強く感じる、注意力が散漫になる、やる気や向上心がなくなる、などといった症状が現われ、職場や学校での人間関係や仕事にも支障が生じます。
その結果、精神的な限界が訪れ職場や学校を去ることになることも少なくありません。

身体的には、睡眠に関する症状(眠れない、早く起きてしまう)、食欲に関する症状(食欲が無い、過食になり太る)、疲労に関する症状(常に倦怠感がある、疲労がとれない)、性機能に関する症状(勃起不全、月経不順)、消化器官に関する症状(胃痛、便秘)、などと多岐にわたります。

以上のような症状があるにも関わらず、適切な治療を行わなかった場合は重度のうつ病となり最悪の場合「この世から消えたほうがいい」「死にたい」といった危険な思考になり、衝動的な行動を起こす可能性があります。そのため、早期から適切な治療が必要となります。

うつ病を自覚するには

うつの原因うつ病に対する正しい知識を持つことです。
兆候があったとしても、正しい知識が無かったばかりに自分がうつ病だという自覚が出来ずに、徐々に重症化していくケースが多々あります。身体の不調にはちょっとしたことであれ認識することは難しくありません。症状が現れた際も一時的な不調と楽観視せず、「そういえば・・・」と振り返り、症状が長く続くようであれば病院へ行くことが大事です。

うつ病は「自分も周囲の人間も気が付かず、いつの間にかかかっていた」ということが多い病気です。うつ病の症状などを正しく知ることで予防や早期治療に備えましょう。

お薬の通販オススメサイト