うつ病はこころの病気

発症者の数うつ病はれっきとした病気です。かかってしまったのであれば、一定期間の休養や専門の病院やお薬などで治療する必要があります。うつ病にかかってしまうと心身ともに様々な症状が現れ、日常生活に支障をきたす程、危険な病気です。一口にうつ病といっても様々な種類があり、心因性、内因性、身体因性と分けられます。

その中でも心因性のうつは神経症性抑うつとも呼ばれ、自身の性格や周りの環境が大きく影響を与えています。更にこの心因性のうつはうつ病性障害双極性障害(躁うつ病)に分けられ、症状も異なっています。

残念ながら日本ではまだ周りからの理解を十分に得られていない状況です。そのため自覚症状があっても1人で抱え込む方が多いです。しかし1人で悩むことで症状が改善することはほぼありませんので、近くの人やお医者さんに相談することが治療の第一歩となります。うつ病を自覚した際はまずは「話す」ということから始めましょう。

増加するうつ病患者

厚生労働省が過去に実施した調査によると、国内の気分障害の患者数は1996年の時点では約43万人、その3年後の1999年では約44万人とほぼ横ばいという状況でした。しかし、2002年には約71万人、2005年には約92万人、2008年には104万人と加速度的に患者が増えています。

ただし、このデータはあくまで「うつ病と認定された」数なので実際のうつ病の患者かどうかは分かりません。これは明確な診断基準がない以上、仕方のないことかもしれません。
そして患者数は今も増え続けていると言われています。

うつ病に対する間違った認識

今でもうつ病に対して「こころの甘え」や「怠け」といった間違った認識を持っている方が数多くおられます。うつ病は決してこころの甘えや怠けではなく、誰もがかかる可能性がある病気です。

発症の原因はストレスです。職場での人間関係、環境の変化、友人や家族の死別など辛く悲しいことの他にも、自身の結婚、妊娠・出産、進学・就職など一見喜ばしく見えることであっても一因となる場合もあります。

その人が持つ性格も原因の1つとして考えられます。「几帳面」「真面目」「完璧主義」といったストレスを抱え込みやすい性格ほど、うつ病にかかりやすいと言われています。

発症の原因は脳内の働きの乱れ

うつの原因強いストレスにより脳内の感情を司る神経伝達物質のバランスが崩れてしまうことで様々な症状が現れると言われています。
私達の脳内は無数のニューロンと呼ばれる神経細胞で形成されており、これらの神経細胞が神経伝達物質を介して、複雑な情報や感情を伝えあっています。

しかし、過度のストレスや心身の疲弊により、この神経伝達物質の量が減る、又は働きが悪くなることで感情のコントロールが効かなくなり、うつ病の症状が現れると考えられています。まだまだ、脳の働きやうつ病に関してははっきりしないこともあるため、他の原因がある可能性は十分にあります。

次はうつ病が発症した際にどのような症状が現れるか紹介します。
下記のような症状に心当たりのある方は要注意です。

よくあるこころの症状

  • 1.普段であれば1~2日で元通りになるような憂うつな気分が2週間以上続いている。
  • 2.スポーツや趣味など、今まで打ち込めていたものに対し興味が持てなくなった、又は以前ほど楽しく感じることがなくなってしまった。
  • 3.なんでも自分の責任として考えてしまい、罪の意識を感じてしまう。
  • 4.学業・仕事・家事などに集中できない。
  • 5.死んでしまいたいと考えることが増えた。

以上のような症状が現れるにつれ、周囲へは情緒不安定や飲酒量の増加といった印象を与えている可能性があります。

よくあるからだの症状

  • 1.急激な食欲の減退、それに伴い体重が極端に減った。
  • 2.急激な食欲の増進、それに伴い体重が極端に増えた。
  • 3.夜寝付きが悪くなった、夜中に何度も目が覚めてしまう、朝早く目が冷めてしまう、といった睡眠障害が現れた。
  • 4.疲労が溜まりやすくなった、疲労が抜けにくくなった。
  • 5.性欲が減退した。
  • 6.口がよく渇くようになった。

以上のような症状が複数現れているようであれば注意が必要です。

うつ病に特効薬はない

うつ病に特効薬はありません。
そのため、十分な休養、医師や専門家によるカウンセリング、投薬治療、家族やパートナーによるサポート、など患者さんに合わせてゆっくりと急がずに治療を行う必要があります。

十分な休養をとる

会社や学校を長期間休むことは簡単なことではありませんが、うつ病の原因のなった環境に居続けても改善する可能性は低いです。主婦の場合は旦那さんとよく話をした上で家事を誰かに任せるなどして休養をとるようにしましょう。

うつ病になりやすい真面目で責任感の強い方ほど、自分が休むことに負い目を感じることもあるかと思われますが、「休暇」ではなく「治療」と考え心身ともにしっかりと休養をとりうつ病と向き合う時間を設けましょう。
入院という方法もあるため、自営業の方や主婦など自宅がストレスの原因となっている場合はおすすめです。

精神的なサポートをうける

医師や専門医が時間を掛けて話をすることで、悲観的な気持ちを減らし、前向きで柔軟な思考を身につけ、患者さん自身が自分に自信を持てるようにサポートします。家族やパートナーには1人で抱え込まずに相談することが治療の一歩にもなります。病院へ行きづらいこともあると思います、そんな時は家族や友人など周りの方に付き添ってもらうようにしましょう。

お薬による治療

やはり精神科から処方される、お薬というものに抵抗を持たれる方は多いと思います。しかし、こういったお薬による投薬治療はうつ病に対して効果的な治療法の1つです。副作用が少なく、うつ病以外の精神病にも効果のあるジェイゾロフトや実際の医療現場でも使用されているレクサプロ・ジェネリックなどがあります。現在では病院だけではなく、医薬品の輸入代行サイトを利用することで医師の診断や処方箋も不要で簡単に購入できるようにもなりました。

うつ病は再発率も高く、管理しにくい病気ではありますが決して治らない病気ではありません。根気よく自分自身と病気に向きあっていくことが非常に大切です。

うつ病の治療薬を探す